こんにちは。ヨッチです。
令和が始まり、最初のブログです。よろしくお願いします。

今回のGW、やっと宿の予約が出来たので久しぶりの家族旅行をしました。この宿、とても良かったので紹介させて頂きます。

千葉を朝4時に出発、中央高速道路を利用して朝7時、交通渋滞もなく、3時間で清里に到着。その後、小淵沢や清泉寮などに寄ってから目的の宿に14時40分頃到着。


奥嬬恋の温泉宿に到着

周りは畑や山…木造の二階建の古めかしい旅宿。
車を宿の前の駐車場に停めると、中から宿の人のお出迎えがありました。15時過ぎにチェックイン予定でしたが、早めの到着にも快く歓迎して下さいました。


ラウンジのソファーに座って受け付け。私の日常では見られない撒きストーブも歓迎してくれて、いい感じです。

IMG_0886


お部屋にも撒きストーブ

1階のラウンジで受付を済ますと2階の部屋へ案内。畳みの廊下、階段を上がり…宿全体にお香の香りがしてます…案内された部屋はとてもお洒落な、癒しの雰囲気。家族4名で来ましたが、予想を超える十分な広さでした。

中でも真っ先に目を引いたのは、既に部屋を暖めていた撒きストーブ。柔らかなあったかさを放っていました。。ストーブの脇に積み上げられた太い撒きをくべて管理します(やり方は教えてくれるので安心)。

FullSizeRender


その撒きストーブ前にはソファーとテーブル。その横に冷蔵庫、隣りにはシンクタンクもあり。


ベッドはキングサイズ(たぶん)が2つ。横壁には45インチクラスの液晶テレビが備え付けられています。もちろんWIFIも有り。


窓際にはマッサージチェアーとテーブル。窓を開けると、周辺の畑や山など田舎の風景に囲まれています。


さらに驚いたのは、部屋のお風呂。2mサイズの大きなヒノキの浴槽でお風呂というより、小浴場と言ってもおかしくありません。しかも源泉掛け流しです。

FullSizeRender

ウェルカムドリンク(ビール又は抹茶)、自家製の豆腐と焼き芋が提供。なごみの客室を売りにしているだけあって、この時点で満足でした。


少し細かい事ですが、部屋の鍵は2つ。鍵付き金庫も
2つ。こんな配慮もされています。


 


源泉掛け流しの大浴場

さあ、ちょこっと休んで…お好みの浴衣に着替えて15時30分、大浴場へ。「奥嬬恋の湯」は源泉掛け流しの大浴場。露天風呂もあり。泉質はナトリウムカルシウム低張性温泉で塩分が多く発汗に効くとの事。

十分にゆっくり身体を温めることが出来ました。




手の込んだ、お料理

前菜、お刺身、焼き物、口直し、揚げ物、お肉、デザート、どれも実に美味しい…特に前菜の1つである信州サーモンおかき揚げ、大イワナのお刺身(甘みがある)、新玉葱の春巻き(香りも良い)、イチゴのパンナコッタは格別。筍の炊き込みご飯はお代わりしてしまいました。

FullSizeRender

前菜とデザートを見れば、料理に対する意気込みが分かります。こちらはデザートのイチゴのパンナコッタです。

IMG_0908

食事は18時から始まり、19時50分に終了。とてもゆっくりした時間を持つことが出来ました。


最後に

朝早く、現地入りしたのは良かったのですが、朝食を食べる場所を探すのに、なかなか見つからなくて困りました。あらかじめ、調査しておくと良いですね。


それと、今日はあいにくの雨。ほんとは、もう少し自然山並みを見たいと思いましたが、叶わず、早々と宿へ。でも癒しの部屋と手の込んだ美味しい食事に感激し、宿の人たちのおもてなしにも満足して帰りました。


宿のHPはこちらから。
HPには、こんな所に立ち寄ってから、この宿に来てはどうですかという見所が紹介されています。軽井沢、小諸、バラキ湖。残念ながら自分は宿に着いてから知りました。参考にしてください。


PS
食事の後、外に出て是非見たいと思ったのですが、雨で叶わず。満天の星空。



以上、ご覧いただき、ありがとうございます。
ヨッチでした。