FullSizeRender

こんにちは。ヨッチです。


最近、子どもたちに関係した、怖い事件が発生いている。いずれも大人が起こした事故や事件ではないが、どこか間違っている。今回のような子どもたちが他にもたくさんいるとしたら、将来を危惧したくなるような事案である。




 

高知県の事故

2019年8月、高知市の川で遊んでいて行方がわからなくなっていた小学2年の男の子が遺体で発見された。高知・南国市の小学校2年・男の子(7)は22日、小学1年から5年の友人4人と高知市の下田川で川遊び中に行方不明になった。捜索の末、23日の夕方、現場近くの川の中で心肺停止状態の男の子を発見、死亡が確認された。友人たちは、泳いでいた男の子が川に沈むのを目撃していたが、「怖くなって立ち去った」という。帰ってこなかった子の親が警察に連絡して捜索が始まったのである。

疑問1

友だちを残して何故帰ったのだろうか。子どもたちは友だちではなかったのか?少なくとも、川遊びをするだけの関係はあったはずだ。友だちなのに悲しすぎる。仲間を助ける、自分たちで助けられなかったなら、大人に助けを求める…ことが何故出来なかったのだろう。

友だち同士の希薄な関係が想像される。友だちのようで友だちではない。大切な友だちではないのだ。見過ごした彼らにとって、亡くなった子はなんだったのだろうか。怖くなって立ち去ったと報道されているが、怖くなる気持ちは理解出来ても、そのまま、平然としていられる方が理解出来ない。高学年の子どももいたのに残念な結果になってしまった。

疑問2

親や大人に対しては言わなかったのは何故だろうか。学校では川遊びを禁止してきる。してはいけないことをしていたので話すことが出来なかったのだろうか。怒られると思ったのだろうか。自分には関係がないと思ったのだろうか。それとも、相談出来る親や大人であるはずなのに、信用してなかったのだろうか。

真実は分からないが、やはり残った友人の4人の誰もが事故の話を誰にもしなかったということが、どうしても気にかかる。

小学1年から5年生までの友人って、普通に考えると少し奇異に感じる。友人というと、普通は同じ学年である方が多いはずだ。田舎で子どもたちが少ない学校だったのかもしれない。そうでなくても、学年の幅が広いということは、よほど仲が良いのではないかと想像する。普段から高学年の子どもが低学年の子の面倒を見ていたのではないかと想像する。それだけに、仲間の2年生の一人がいなくなったのに、放置して帰るということが信じられない。大人だったら、犯罪である。


外部リンク




香川県の事件

2019年5月、高松市の路上で小学生の女の子に自転車で衝突した上、顔を殴ってけがをさせたとして男子高校生が逮捕。警察によると、男子高校生は5月22日、高松市春日町で1人で下校していた小学6年の女子児童に、後ろから自転車で衝突。そして「大丈夫?」と声を掛けたあと、顔を殴り、膝や顔に全治11日間のけがをさせた疑い。


この事件は、友だち同士ではない。異常な事件である。自分でぶつかっておいて、高校生が小学6年の女の子を殴っている。しかも、女子児童に「大丈夫?」と尋ね、彼女が「大丈夫」と返すと、顔を殴って逃走したという。


自転車をぶつけて怪我をさせたのは、故意ではないとしても、その後に殴るとはどういう神経の持ち主なのか。理解に苦しむ。自転車を故意にぶつけて、その後に殴ったという方が可能性がありそうである。この女の子の気持ちを考えると、心が痛む。こんな高校生が大きくなったら、また何かをしでかすのではないかと考えてしまう。



外部リンク



福岡県の事件

警察署によると、自転車に乗った男子生徒は、2019年7月6日、福岡市の市道で、見通しの悪い曲がり角を左折しようとした際、小学1年の男児を出合い頭ではね、そのまま立ち去った疑い。転倒した男児は左足の骨が折れる全治2カ月の重傷を負った。近所の男性が男児を抱えて自宅まで向かい、母親が110番通報した。



 男児は近くの公民館で夏祭りの準備をした後、1人で帰宅する途中で、男子生徒は、サッカーのクラブチームの試合に向かう途中だったといい、署によると、「試合に間に合わないと思った」と立ち去った理由を話したという。男子生徒は「大けがをさせ、夏休みに遊びにも行けず、不自由にしてしまって申し訳ないと思っています」と反省しているという。



こちらも面識のない者同士の事件あるが、自分が相手に怪我をさせておいて、ひき逃げしている。しかも理由が試合に間に合わないというから、驚きである。なんとも自分勝手な行動である。



外部リンク





大事なことを知って大人になってほしい

どの事案も、逃げている。友だちが事故に遭ったのに放置している。女の子にぶつかっても立ち去っている。男の子にぶつかっても逃げている。いずれも助けていないのである。責任を取らないのである。自分の都合だけで動いている。


色んなことを勉強してきたと思うが、こういうことはしてはいけないと教えないといけないのかもしれない。教育で直るなら教育をしっかりしなければならない。大人になる前に気づいてほしい。何が大事なのかを。それを知らずに育った、狂った大人たちは少なからずいて、大きな事件を起こしている。そんな大人になってはいけない。命は何よりも大切である、それは大人たちの責任でもある。


 
 


以上、ご覧いただき、ありがとうこざいます。
ヨッチでした。