FullSizeRender

こんにちは。ヨッチです。


ここ何年かゲリラ豪雨が頻繁に起こり、近くの河川や用水路が氾濫し、住民が避難を余儀なくされるケースが発生しています。そして、その避難中に事故にあって命を落とすケースも時折、耳にします。避難の方法を誤ると、大変危険な状態に遭うことになります。


そこで言われているのが、『冠水したら垂直避難をしないと危ない』です。今回は、この垂直避難について考えてみたいと思います。


ちなみに、冠水とは、津波や洪水、豪雨などの影響で家や田端が水に浸かってしまう状態を意味している言葉です。





 

冠水したら垂直避難

そもそも垂直避難とは何かでしょうか。

災害が発生して身が危険にさらされる可能性がある状況で、避難場所などまでは避難する時間的な余裕がないために、自宅や近隣ビルの上の階などに避難することです。

ちなみに、避難場所まで移動することを水平避難と言われているようです。


一般的に避難というと避難場所などへ避難することだと思いがち。でも災害が近々まで迫っている状態で自宅から遠く離れた避難場所まで無理して避難すると、逆に自分の身を危険に晒すことになります。


大雨で道路が冠水して泥水などで覆われると、道路やその周辺にある危険性が全く見えなくなるからです。危険性とは、マンホール、側溝、田畑などの存在です。

避難所に向かうとか、学校にいる子供を迎えに行くとか、気持ちが急いでいる時には、こういった落とし穴に気が付かずにはまってしまいます。


実際に過去の災害でも多くの人が避難場所まで自宅を出て避難している最中に亡くなっています。


という理由から、
道路が冠水したら垂直避難に避難方法を変える必要があります。


水難学会では、こういった危険性をトラップと呼んでいます。

 


避難時の危険性(トラップ)

危険性のある、トラップには以下の3つがあります。

FullSizeRender

マンホールのトラップ

 道路にあるマンホール。普段は鉄のフタで口が閉じられていますが、洪水や大雨の時、この雨水が下水路を逆流して、マンホールから吹き出します。その威力でマンホールのフタが外れて口が開きます。そこへ避難途中の人が落ちると脱出はほぼ不可能です。


側溝のトラップ

 これは道路の横にある側溝です。この場所は周囲より土地が低いので大雨の水がこの側溝に流れ込んできます。側溝と道路の間に境界を示すポールなどがない場合には、誤って側溝に落ちることになります。


田畑のトラップ

 道路に接する田畑です。冠水した時、田畑側に落ちたらすぐに上がれません。普通は傾斜が付いていて簡単に歩いて上がることができるのですが、冠水していると上がれなくなります。どうしても上がれない時には、背浮きになって水面を漂い、救助がくるのを待つしかありません。



外部リンク(引用元)

 


避難方法を理解しておこう

トラップの説明をしましたが、頭で考えると、なるほどと思うものばかりですが、いざ、その時になったら、混乱して、つい急いで、すぐそこだからと言って、避難所まで移動してしまうとか、田畑の状況が心配だからちょっと見て来るといった行動になりがちです。


家族が一緒にいれば、十分に避難する場合の危険性を普段から話をしておく必要がありそうです。1人暮らしの方も役場で話を聞いたり、いざという時の行動については学んでおいた方がいいですね。


そんなこと言っても、どうしても外に出る必要があるなら(命より大事なものはないはずですが)、ライフジャケットを身につけるとか、1人で行動しないとか、自己責任になりますが、少しでもリスクを回避出来る行動をしてほしいと思います。でも万が一、行方が分からなくなったら、周りの人を巻き込むことになり、その人たちも危険な目に合わすことになりかねません。


国土交通省では、学校関係者向けに水災害からの避難訓練ガイドブックが発行されています。ここには、どういう時に垂直避難するのか、あるいは水平避難するのか分かりやすく解説されていますので参考にしてください。

 



ハザードマップと水害対策グッズ

1️⃣  職場や自宅の水災の危険を知る

国土交通省ハザードマップポータルサイトを活用しましょう。災害時の避難や、事前の防災対策に役立つ情報を公開しています。



2️⃣  水害対策グッズ

救命胴衣、浮き輪、ボートとか、個人で用意しようと思っても、安いものではないので現実的ではありません。ネットで探すと、浮くリュックというものが販売されてました。普段でも使えそうな感じです。約80キロまで浮くので自分の場合は、2つ用意しないといけませんが…(笑)


 
 


以上、ご覧いただき、ありがとうこざいます。
ヨッチでした。