FullSizeRender

こんにちは。ヨッチです。


相続したマンションが売れない!ということに苦しんでいる人がいます。つまり、不動産を売りたいけど、売れないというものです。


何故売れないのでしょうか。売れないことで掛かる費用はバカになりません。こんな場合、どうしたらいいでしょうか。そして売るための何か有効な手段はないのか、こんなコトを調べたので皆さんとシェアしたいと思います。




 

売れないマンションの事例

売れないマンションに苦しんでいる東京都のA(42歳)さんの例です。Aさんは都内の自宅から広島に帰る予定はなく、売却しようと考えていたということです。その特徴を列記すると…
 
  • Aさんは広島県内にある築37年の分譲マンションを相続。子供の頃、暮らした家。 
  • マンションにはエレベーターもなく部屋は4階、駅から徒歩30分以上かかり不便。このマンションは空き家が多く、特に最上階の4階は8部屋のうち5部屋が空き家。
  • 地元の不動産業者に相談すると、Aさんと同じマンションの物件が他に3軒あり、中には180万円という破格で出すも全く売れる気配がない。
  • 売却は諦め、安く賃貸に出すには老朽化がひどく、リフォームには200万円以上かかる。それでも入居者が現れない可能性もある。
  • マンションの管理費用と修繕費用の積立金が毎月3万円超発生それ以外に固定資産税の支払いもあり、年間40万円近くかかる。
  • 一旦承認した不動産の相続を、その価値の見込み違いを原因としてあとから放棄することは、家庭裁判所ではほとんど認められない
  • 現在、Aさんは50万円というタダ同然の価格で売りに出しているが、1年経っても未だ買主は現れていない。
  • 今後さらにマンションの老朽化が進み、万が一建て替えの話などが出た場合には、積み立てた修繕費用では賄えない可能性もある。
  • 間違いの始まりは、安易に古いマンションを相続したこと。
 
Aさんにとっては、もはや、ただでもいいから引き取って欲しいという心境のようです。 このように、一見資産であるかのように見える不動産の相続は、とても深刻な危険をはらんでいるということです。

 


相続人の負担

今回の事例のように、親からの遺産として不動産を相続するケースは普通にあると思います。そして相続した物件に住むなら、掛かる費用は払わなければなりませんが、住んでないとなると、余計な費用を負担しなければならないということになります。


年間40万の負担は、月3.3万円になります。何の生産性のない物件なら、さっさと売りたいところですね。そうでないと、10年で400万円もの負担となってしまいます。建て替えなんて話があったら、それ以上にお金が必要です。早く何とかしないと…


またその物件に住むということはどうでしょうか。田舎好きな人なら、少々不便でもと思うかもしれませんね。月3.3万円は家賃だと思えばいいのではないでしょうか。


ただ、その物件に住む場合でも、いつかは誰かに相続もしくは売却しなければなりません。交通の便利が良いなど、価値のある物件なら、家族でなくても住もうと思い、買いたいという人はいると思いますが、逆に不便な物件なら、子息であっても住みたいとは思わないでしょうね。


ならば、Aさんも思っているように、相続しない方が良かったですね。今さら言われてもと思いますが、それでは、相続してしまったAさんの場合は、どうしたらいいのでしょうか?

ネットで調べてみました。

 


家が売れなかったら…

参考となると思われるサイトの回答を紹介します。

回答例1
都市部であれば、値段次第で絶対に買い手は見つかるはずです。たとえ自殺等があろうが再建築が不可能であろうが、です。買い取る不動産屋が見つからないとすれば、仲介をやっている業者さんに手数料を払ってでも買い取りする業者を探してもらうという方法もあります。相場より格安で、それなりに市場性があるエリアでしたら、誰か買い手は見つかる筈です。

都市部とは言えない様な、地方の町・村等であれば、通常の市場では買い手が見つからないエリアはあるでしょう。その場合、隣地に引き取ってもらう、というのが現実的では、と思います。

市役所に相談してもムダかと思います。買い手が全くつかないほど市場価値が低い物件であれば、役所の評価が高い=固定資産税が高すぎるのでは、という理屈で交渉する手はあるでしょうが、役所は相応の手順を踏んで土地建物の評価をしているので、素人の交渉で見解を変える事はないでしょう。

仮に固定資産税を払わないまま放置すれば、いずれ役所はその物件を差し押さえて競売に付すかもしれません。そうなったら、物件はあなたの手を離れ税金の支払いも落札代金から充当されるので、問題は解決するでしょう。

ただ、役所の方が肝心の物件ではなく、別の資産(例えばあなたの給料とか)を差し押さえにかかるかもしれないので、「案」としてあり得るという程度で思っておかれた方が良いと思います。

とにかく、あらゆる手段を使って、売却することが大事になりそうです。隣地に引き取ってもらう…一軒家ならあるかもしれませんが、マンションでは無理でしょうね。


外部リンク(引用元)


 
回答例2

個人へ売却するのではなく、「専門業者に買取を依頼する」という方法です。
ここで言う専門業者とは、マンション売買の仲介を行う業者ではなく、「直接マンションを買い取る業者」のことを指します。

一般の個人へ売却する場合と比べて、専門業者に売る場合は金額が3割ほど安くなってしまいますが、築古マンションを売るならこれが一番現実的な方法だと思います。

専門業者の場合、築古物件や訳あり物件であっても、自社で安くリフォームした上で、転売するノウハウを持っています。
そのため、築古で安く手に入る物件を探しているところもあるので、そのような業者を見つけて買い取ってもらうのがベストだと思います。

「売却額が3割ほど安くなる」というデメリットはありますが、
  • 築古マンションでも早期に売却できる(最短数日)
  • 瑕疵担保責任のリスクがなくなる
  • 購入希望者の内覧対応などの手間が不要
  • 事前のリフォームなどをする必要なし
上記のようなメリットもあります。

築古物件の買取を行っている業者はそれほど多くありませんが、下記の「マンション.navi」を使うと探すことが出来ます。
サイト名特徴
マンション.navi一般的な売却だけではなく、不動産業者の「直接買取」も査定できるので、築古マンションや訳あり物件を売却したい場合にも適している。
普通に売るのが難しい物件の場合は、リフォームをする前に、まずは専門業者に買取依頼を出してみましょう。

外部リンク(引用元)






もしマンションを相続してなかったら…

親のマンションの相続を放棄するという選択もあります。ただし、マンションだけでなく、親の全ての財産を放棄しなければなりません。マンションだけ要らないとはならない、という都合のいいわけにはいかないようです。


でもそのようにして、親から一切の相続を放棄すれば、年40万円の負担は負わなくて良さそうです。Aさんはこのような選択をしていれば、苦労はしなくて済んだと思われます。


ところで、その相続放棄したマンションは結局どうなるのでしょうか。どうやら最後は国のものになるようです。売却して。


残っていれば、相続人としての管理責任は残るようですが、詳しくは以下をご覧ください。


🍀🍀🍀

外部リンク(引用元)




 

最後に

不動産を相続するということは、必ずしも良いことばかりではないということです。少なくとも、最初から維持費(マンションなら管理費など)や固定資産税が掛かるということなので、そこに住まないのであれば、よく考えて相続する必要がありますね。


よくネットでも、かなり田舎の方では、格安の物件がありますが、掛かる費用をよく確認した上で購入しないと、あとで苦労することになりそうです。

 
 


以上、ご覧いただき、ありがとうこざいます。
ヨッチでした。