FullSizeRender

こんにちは。ヨッチです。


こんな記事がありました。それは、会社勤めを50歳前後で止めて、ハッピーリタイアするというものです。筆者はとっくに50代を終えているので、この夢は叶いませんが、これからの人たちは、考えるだけでも、その後の生き方を変える機会になるかもしれません。

という訳でハッピーリタイアについて皆さんとシェアしたいと思います。




 

ハッピーリタイアとは?

ハッピーリタイア(happy retirement )を調べると、「豊かな老後資金を確保して悠々自適の引退生活に入ること」、「経済的自立を確立して社会を退くこと」などと定義されていました。つまり、会社を辞めて働かない、しかも悠々自適ということは、ギリギリの生活ではない、余裕のある暮らしが出来ないと、ハッピーにはならないということみたいです。なので単なる早期退職とは意味が違いますね。


では、何故、ハッピーリタイアをする背景とはどういうものでしょうか。

 


ハッピーリタイアの背景

早期退職の割り増しが絡んでいることもあり、日本では50歳前後を目安にハッピーリタイアを考えるビジネスパーソンが少なくありません。

会社によっては早期退職制度かあるところもあるので確認しておくといいですね


自営業やフリーランスの場合、「体が動くうちは働き続けたい」と考えるケースが大部分のようです。自営業だからといって決して楽ではなく、将来的な不安感、資金面の悩みなど苦労は尽きませんが、その一方で誰から強いられるわけでもなく、自分で考えて行動できる自営業は、想像以上に楽しい働き方のようです。

これは働き方の問題だよね。組織の一員として会社の収益を考え、実践していくことに生きがいを感じは人もいると思うよ

自営業って、やった人じゃないと、楽しさは分からないなあ

一方、ビジネスマンの場合はアーリーリタイアを考える人が少なくありません。会社組織の一員であるビジネスマンは、絶えず組織の重圧にさらされています。自分の意に反していても、組織の決定には逆らえないこともあるでしょう。自分の意思が必ずしも認められるとは限らない、あるいは認められることがむしろ少ないのが会社組織です。

組織の重圧ってすごいの?

最後は組織の決定になるけど、色んな提案や意見は言えると思うけどね。

活発な議論がなされ、正しく判断されるなら、会社組織は悪くないんじゃない。自分とは違う意見もたくさんあるのが会社組織だと思うよ

組織の意思決定も、合理的な判断よりも組織間の力関係が優先され、納得のいかないことがまかり通るという話もよく聞きます。
現実には、上司に無理難題を言われたり、責任を押し付けられたりするのが日常茶飯事です。それでも人間関係がこじれると後が大変なので、ぐっと我慢しなければならないケースが多いようです。

会社で煩わしいのは人間関係。悪い上司に当たったら最悪。公平に評価されないこともあるからね

でもいずれ上司は変わっていくから、我慢して働かないといけないんじゃない

日曜日の夕方にテレビで「サザエさん」の主題歌が流れてくると、何とも言えず気分が落ち込んでくる、そんな経験はありませんか? これが「サザエさん症候群」と呼ばれるもので、月曜日からまた仕事が始まってしまう焦燥感が引き起こす症状です。そんな会社員生活を苦痛に感じ、早めに退職したいと考えるようになっても何ら不思議ではありません。

この気持ち、わかるなあ。明日から会社かぁ…なんて、いつも思ってるけどね

安定した会社人生も悪くないけど…嫌なことがある度に、別な人生も考えちゃうなあ。でも勇気ないから会社で頑張るんだ。悲しいかな


 


ハッピーリタイアに必要な資金

50歳でハッピーリタイアするに当たり、最もネックになるのがキャッシュです。
最近は、60歳以降も再雇用を選択する定年退職者が少なくありません。年金支給開始年齢(2019年8月時点では原則65歳から)を考えると、せめて5年間は働き続けなければなりません。
50歳でのハッピーリタイアとなれば、無収入の期間は15年間に延びます。退職までにその期間の生活資金を貯めておかなくてはなりません。さらに人生90年として、その先25年の生活資金プランも見据えておかなければ、安心して第二の人生には踏み切れません。

考えてみれば長くない?15年も先まで安定した生活なんて考えられないよ

でもそうしないと、ハッピーじゃなくなるよ。一体いくらお金がいるんだろうね

仮に年間500万円で切り盛りできたとしても、65歳までに7,500万円かかります。これに65歳以降の年金補填分を加味すると、少なく見積もって1億円といったところでしょうか。
1億円とは、入社時から毎月コツコツ10万円ずつ貯め続け、なおかつ利回り8%で運用できて初めて手にすることができる金額です。8%で回す自信がなければ、積み立てる額をさらに増やさなければならないのです。

えーっ1億なの?そんなの無理だよ。しかも入社からでしょ、毎月10万円も。それに利回り高くない?

そうだよね、8%なんてどうやったら運用出来るの?


 



ハッピーリタイアを目指すメリット

50歳のハッピーリタイアに向けた資産形成は、並大抵のことではありません。しかしながら、ハードルが高いからこそ頑張れるのも事実です。
それにハッピーリタイアを目指して資産形成しておけば、仮に50歳退職がかなわなかったとしても、定年退職の際、同期と比べて余裕のある老後を送ることができます。
日々の生活にかつかつすることなく、「今年はどこへ旅行しようか」などのゆとりある話もできるでしょう。つまりハッピーリタイアを目指した努力は、決して無駄に終わることはないのです。

確かにハッピーリタイアに向けて努力したことは、悪くないよ。むしろ、経済的に色々考えることは退職後の生活の仕方にも参考になることは多いと思うよ

じゃあ、早めに考えて貯めないとね

ところで、ハッピーリタイアの夢がかなって、全く働かなくなることは、本当に幸せなのでしょうか。人間は社会と関わりを持ち続けることで、日々充実していられるのもまた事実です。
仮に50歳で退職し、組織から解放されたとしても、フリーランスやボランティアなど、何らかの形で働き続ける――。そんな選択肢を考えても良いかもしれません。

ハッピーリタイアの定義から言うと、退職後は働かなくてもいいんだけど、ずっと会社勤めしてた人がストレスのない生活に飽きないか、分からないね

働かなくたってやることはいっぱいあるよ

消費するだけの生活はどうなんだろうね。返って不安になってストレスにならなければいいけど


外部リンク(引用元)

 


以上、ご覧いただき、ありがとうこざいます。
ヨッチでした。