ブログで未来に挑む

これまでの人生の中で色々と経験してきたことや考えていることなど、書きたいことを書いていきます。

ブログで未来に挑む イメージ画像

社会

FullSizeRender

こんにちは。ヨッチです。


歩道を歩いていて、自転車にぶつかりそうになった方は多いのではないでしょうか。しかも、堂々とベルを鳴らし、時には、暴言と感じる言葉を吐いて、時には、睨みつけながら、過ぎ去って行く。


歩行者優先の文字通り、歩道であるにもかかわらず、自転車野郎は、邪魔だから、どいてくれと気持ちを全面に出して来る。おじさんもおばさんもお兄さんもお姉さんも、そんな行為を行なっている輩が増えて来ている気がしてならない。


明らかにおかしい。この問題について調べてみたので皆さんとシェアしたいと思います。




 

歩行者にベルを鳴らす行為は違法?

歩行者にベルを鳴らす行為は「違法」です。

道路交通法54条2項には、「車両等の運転者は、法令の規定により、以下の場合のみ、ベルを鳴らしてもいいが、歩道を通って歩行者が邪魔だから、ベルを鳴らすなんてことは法的に許容されていないことが分かります。

  • 警音器を鳴らさなければならないこととされている場合
  • 危険を防止するためやむを得ないとき

つまり、ベルを、鳴らさなければならない時とは、

1️⃣  「警笛鳴らせ」の道路標識がある場所

2️⃣  「警笛区間」の見通しのきかない場所

2️⃣   危険を防止するためにやむを得ないとき

ということです。


そして、違反した場合は、
2万円以下の罰金または科料となる
(道路交通法121条1項6号)


では、自転車のベルを鳴らしてもよいとされる「危険を防止するためにやむを得ないとき」とはどのようなときか。


交通事故に詳しい山田訓敬弁護士によると、


具体的に危険が認められるような状況で、その危険を防止するためにやむを得ないときとされております。本来は、警報器(自転車のベル)を鳴らすほかに危険を防止することができないような場合にしか、警報器を鳴らすことはできません。


ということですが、世の中、この法規を理解してない人が多いですよね。歩道を我が物顔で、どけどけ〜チリンチリン〜とスピードを出している暴走族を見ると、いつか事故を起こすのではないかとハラハラします。


そして誰も捕まって罰金を払ったなんて聞いたことがありませんね。最近では、歩行者にぶつかって大怪我したり、死亡する事故も起こっています。警察の取り締まりもクルマだけでなく、自転車もやったらいいと思う人は多いのではないでしょうか。



 


自転車が歩道を走るのは違法?

そして、自転車は、原則として車道を通行しなければならない、ということです。


道路交通法は、歩道と車道の区別がある道路では、自転車は「車道を通行しなければならない」と規定している。

「自転車は、原則として車道を通行しなければなりません(道路交通法17条1項)。


例外的に『普通自転車歩道通行可』の道路標識があるとき等には歩道を通行することができますが(同法63条の4第1項)、その場合においても、原則として、歩行者の通行を妨げることとなる場合には一時停止しなければならないとされております(同条2項)。


このように、歩道においては歩行者が自転車に優先します。そのため、たとえ歩行者が横並びで歩いている場合やフラフラ歩いている場合であっても、その人にぶつからないように一時停止して声をかけるなどし、その後に再発進すれば危険を防止することができるのですから、警報器(ベル)を鳴らしてはいけないことになります」


そうなると、ベルを鳴らしても良いケースはよほど緊急な場合に限られそうです。

先の弁護士によれば、

「そうです。たとえば、左右の見通しの悪い交差点を通行する際に、人が急に飛び出してきて、急停止しても衝突してしまうような場合など、緊急性の高い場合に限られると思われます」


 


歩道を走る自転車を私人逮捕するには?

ネットにはこんな記事もありました。「歩道を走る自転車を私人逮捕する活動のススメ」です。

この記事は、私人(民間人)逮捕の手順を解説しています。どのように行うのでしょうか。

投稿主は「運転手は罰を受けずに逃げている」ことから、一般人でも「私人逮捕」することができるとしています。

私人逮捕の手順

1️⃣  歩道を走る自転車(運転手)を注意して停車させる

2️⃣  違法であることを伝え、氏名や住所が記載された本人証明書(免許証など)を見せるように要求する


→ 応じた場合は、氏名と住所をメモして、後ほど警察に提出する。運転者は解放する

→ 拒否した場合は、逃亡のおそれがあるので、その場で私人逮捕する。警察に連絡して引き渡す


投稿主の自宅付近では、歩道を走る自転車が多く、すれ違いざまにぶつかることもあり、毎日危険を感じていることから、このような「私人逮捕」の活動をおこなっているということです。


私人逮捕の条件

はたして、「私人逮捕」のやり方として正しいのだろうか。岩澤祐未弁護士は次のように解説しています。

「私人逮捕とは、法律上の『現行犯逮捕』のことをいいます(刑事訴訟法213条)。まず、犯罪がおこなわれたことが『明白』である必要があります。そして、現行犯であることが『明白』な場合、私人、つまり民間人であっても逮捕することが許されます。

その際の実力行使については、現行犯人から抵抗を受けたときの状況から見て、社会通念上『必要かつ相当』と認められる限度内で、例外的に許されます」(岩澤弁護士)


1️⃣   現行犯であることが「明白」であること


「普通、自転車は、その走行の安全を確保するため『やむを得ない』と認められるときは、歩道を走ることが許されています。

『やむを得ない」とは、道路の交通量が著しく多い・車道が狭い・路上駐車車両が多い、などです。さまざまな客観状況にもとづいて判断されます。

この『やむを得ない』可能性が少しでもあれば、現行犯であることが『明白』とはいえません。私人逮捕は許されないと考えます」 


2️⃣  「実力行使」が認められる状況であること

たとえば、事故が起きていない状況などで、自転車運転手の身体を直接拘束するのは『必要かつ相当』とまでいえない可能性があります。この場合も、私人逮捕は許されないでしょう。


犯罪が『明白』といえない私人逮捕や、『必要かつ相当』な範囲を逸脱した実力行使による私人逮捕は、むしろ、暴行罪や逮捕・監禁罪の違法行為ともなりかねません。

そのため、まずは身の危険を感じたら避ける、注意するなど、防御行動にとどめるのが良いでしょう。


ということは、ちょっとベルを鳴らして、ドヤされても、私人逮捕は出来ないようです。それでも相手を捕まえてやろう、なんてとても危なくてやめた方がいいですね。相手から暴行を受けたり、刃物なんかで刺されたりして、バカな相手のために命を落とすようなことは絶対にあってはなりません。





私たちはどうしたら良いのか?

小さい頃から幼稚園や学校で交通ルールを教えているのにどうして出来ないのでしょうね。


しかもスマホをしながら、あるいはイヤホンで何かを聴きながら、自転車通行している人がいます。おそらく、こういう人たちは、誰がなんと言っても聞く耳を持たないのだろうと思います。事故を起こしてから反省しても遅いです。もしも相手を死なせたら、一生を棒に振ります。一生かけても償いようはありません。そのことにを想像出来るチカラを身につけてもらいたいと願うだけです。


人間は痛い思いをしないと理解しない動物である。学習能力に欠ける人、想像力に欠ける人の行為によって事故は発生する。我々はこの事を認識して行動する必要がある。
 


以上、ご覧いただき、ありがとうこざいます。
ヨッチでした。






コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

↑このページのトップヘ