こんにちは。ヨッチです。


宝塚歌劇団92期生
2004年4月に宝塚音楽学校に入学
2006年3月に宝塚歌劇団に入団 48名

2004年度の宝塚音楽学校は、受験者数1066人、合格者数50人、

倍率21.32倍

新人公演主演(ヒロイン)経験者に蘭乃はな真風涼帆鳳月杏天咲千華すみれ乃麗煌月爽矢彩凪翔透水さらさがいます。





宝塚歌劇 主な92期生

92期生で現在(2019年6月)現役のタカラジェンヌは11人。入団して13年の92期生は安定した実力と経験を持っています。

92期生 男役
芸名血液身長
cm 
入団時
成績


真風涼帆
B17515星→宙17年トップ

鳳月杏

A17226月→花→月13年新人公演初主演
彩凪翔A1701712年2度目の新人公演

煌月爽矢

B1698
16年退団。
本名の「中原由貴」名で芸能活動

92期生 娘役
芸名血液身長cm
入団時
成績

蘭乃はなB1654月→花14年退団
天咲千華
16422宙→花11年退団
月野姫花O1623712年退団 。
本名の藤岡沙也香で活動
透水さらさ
1636雪 12年退団
すみれ乃麗
1611114年退団

出典元:Wikipedia
 


92期生が宝塚を目指すきっかけと経緯(男役)

宝塚を目指すきっかけは、皆さん、ビデオや観劇で何度も宝塚を見て夢中になっていくようです。特に生で観劇することが受験するきっかけになったり、受験を決意することになったようですね。


また習い事は、バレエやピアノのほか、宝塚音楽スクールに通われる方もいました。


92期生 男役
芸名宝塚を目指すきっかけ及び経緯
真風涼帆

小さい頃から踊ることが好き。小学校時代は、ピアノ、習字、そろばんを習う中学3年で月組公演を観劇。音楽学校を二次試験で不合格。受験後に、花組公演を観劇し「やっぱりここに入りたい」と強く思い、高校入学後に声楽バレエを習い始める。3度目の受験で音楽学校に無事合格

FullSizeRender

鳳月杏

3歳からクラシックバレエを習う。小学校2年の時、テレビで宝塚を観て大好きに。ビデオを毎日観ていた。中学2年で身長が伸び始め、将来を考えた時、漠然と「宝塚」が脳裏に浮かぶ。宝塚の劇場公演を見てみようと思い立ち、一人で舞台を観に行った映像とは感じるものが違ったが、なぜか初めて見た気がせずに親しみを感じ、「ここに入りたい」と、受験を決意などは受験の1年前から始め、「ちょっと挑戦してみようと気楽に受験したので楽しかった」

FullSizeRender

彩凪翔

4歳からバレエを習い、舞台に立つのが好き。紫吹淳の舞台を観劇して男役のダンスに憧れ「色々なダンスを踊れる」と思い、宝塚受験を決意し、8ヶ月間準備して中学卒業時に初めての受験で合格。

FullSizeRender

煌月 爽矢
受験を決意させた舞台は、月組公演。絶対男役になる、宝塚に入ると決めたとたん、それまで嫌々通っていたバレエのレッスンが大好きに。しかし中学受験もあり、すぐに宝塚一色とはならなかった。高1の時、再度母に宝塚受験の要望を出すもまた「勉強を頑張りなさい」と言われ、ひたすらお稽古に励み、1年後無事合格。

FullSizeRender


出典元:Wikipedia





92期生が宝塚を目指すきっかけと経緯(娘役)

92期生 娘役
芸名宝塚を目指すきっかけ及び経緯
蘭乃はな

元宙組娘役のすみれ乃麗は、双子の妹。母の勧めで幼稚園から、妹とバレエを習い始める。恥ずかしがり屋で嫌々レッスンに。しかし小学校高学年のときのバレエの発表会本番で、突然バレエの楽しさに目覚めた中学時代は、バレエに役立つかもという動機から、演劇部に所属。中学2年のときに東京都の演劇大会で入賞中学生の頃、バレエ教室の友人の家で、月組東京宝塚劇場公演のビデオを観る。どうしても生で観たいと母にねだり、母と妹と共に、宝塚大劇場で同公演を観劇。東京宝塚劇場で観劇していた際に、客席で偶然隣に座っていた人に、「あなた宝塚を受けるんでしょ?」と声をかけられたことがきっかけで、「自分も受験できるんだ」と音楽学校受験を意識し始める宝塚好きが高じて、中学の同級生だった麻央侑希(94期生)に「背も高いし顔も小さいから宝塚受けたら?」と勧めた

FullSizeRender

天咲千華
実家は相撲部屋。父親は元大相撲力士の井筒親方(逆鉾伸重)子供の頃から男役に憧れていた。高校2年修了時に宝塚受験に合格した。

FullSizeRender

月野姫花
母親と衛星放送で宝塚歌劇を鑑賞。小学校1年生の時からバレエを習う。バレエが好きで宝塚に憧れていたので、進路を考えた時にパソコンで宝塚受験の事を調べ、宝塚受験スクールに通うようになり、中学校卒業時に初めての受験で合格。

FullSizeRender

透水さらさ
確認出来ず。
FullSizeRender

すみれ乃麗
元花組トップ娘役の蘭乃はなは、双子の姉であり同期生。

幼稚園から母親に勧められ姉妹で週2回バレエ教室に通い、小学校からピアノ、そろばんを習う。中学生の時はほぼ毎日バレエ教室に。高校1年生の時から声楽を習い、夏休みから姉妹で宝塚受験スクールに通う。

中学生の頃に紫吹淳に憧れて宝塚ファンになり、生で観劇したくなり、月組宝塚大劇場公演を観劇。東京宝塚劇場でも観劇。家では宝塚歌劇のビデオをテープが擦り切れるほど見ていた。「宝塚に入りたい」とは思っていなかったが、母親の知人の紹介で凛城きら親子に会った事で宝塚受験の事を知って宝塚受験を決意し、高校1年修了時に初めての受験で双子で同時に合格。

FullSizeRender


出典元:Wikipedia
 


以上、ご覧いただき、ありがとうこざいます。
ヨッチでした。