FullSizeRender

こんにちは。ヨッチです。

いよいよ10月から消費税が増税される。千葉のコストコへ行ったが、増税前の最後の週末のせいか、大勢の買い物客で溢れかえっていた。いつもなら、あっち見たり、こっち見たりと行ったり来たりしてたけど、通行規制が行われていた。改めて皆んな、考えてることは同じだなあと思った。

そこで、消費税増税の直前対策として、何がどうなるのか、熟年サラリーマンのかたい頭でサイトを見ながら整理してみたので皆さんとシェアしたいと思います。




 

10%の消費税と8%の消費税

10月1日以降、10%の消費税と8%の消費税があるらしい。外食は10%で、持ち帰りだと8%らしい。なんでかよく分からないが、ややこしい世の中になって来た。

サイトでは、こんな風に書いてあった。

軽減税率の導入の目的は、「低所得者へ経済的な配慮をする」。具体的には、生活する上で必須となる食料品などの税率を低くするというもの。しかし、実際に低所得者対策として有効なのかどうかは一部懐疑的な意見もあり、議論の対象となっている

つまり、低所得者への配慮と言いながら、誰もが恩恵にあやかれるのだ。

こんな感じに税率が分かれる。

FullSizeRender
FullSizeRender


決まったものは仕方ないが、正しく運用されるなら、10でも8でもどちらでもいい。お店の人が混乱しないように、またお店によって扱いが異なったりすると揉めるネタになる。

500円の買い物の場合、消費税が10%で50円になるか、8%で40円になるかの違いだ。その差は10円だ。これが5000円の買い物なら、500円と400円で100円の差になる。

少ないようだが、1円でも安い買い物をしようと思う客も多い(1円差を争うガソリンスタンドのように)だろうから、気をつけた方がいい。クレーマーの思うツボだ。


 


ポイント還元は5%と2%と0%

その次に、知っておきたいのが、ポイント還元だ。消費税は上げるけど、ポイントで還元するっていうからややこしい。


サイトによると、こんな風に書いてある。

2019年10月1日の消費税10%増税に伴い、消費者に最大5%が還元される「ポイント還元制度」(正式には「キャッシュレス・消費者還元事業」)が開始されます。

ということは、消費税が2%増えるのに、5%も返ってくるの?おかしくない?

ちょっと待てよ! 最大で5%となってる。

そもそも、キャッシュレス・消費者還元事業とは何?

キャッシュレス・消費者還元事業とは、消費者が中小店舗で商品やサービスを購入する際に、キャッシュレス決済(クレジットカード、電子マネー、QRコード決済など)にて代金を支払った場合には、購入額の最大5%のポイントが付与される制度です。

分かったような、分からないような…とにかくポイントというものが返ってくるようだ。


さっき最大で5%還元と言ったが、こんな風だ。

1️⃣ キャッシュレス決済をやった時に
2️⃣  ポイント還元がある。
3️⃣  還元率は5%/2%/還元なしの3種類

つまり、現金で買い物している人にとっては何のメリットもない。

さらに、スマホを持っていない年寄り(若者も同じだが)はどうしたらいいのか。配慮が足りないと言わざるを得ない。どうやら、この世の中は技術の進歩に追いついていかないと、メリットが得られないようだ。
大体、スマホを持つこと自体、それなりの生活水準じゃないと持てないではないか。


次に還元率だが、この図を見ると、
中小企業や個人経営のお店は還元率が高く5%だ。コンビニは2%になっている。それ以外の大手は、還元なしだ。


FullSizeRender

ちょっと注意したいのは、実施期間が増税後9ヶ月間(2019年10月1日~2020年6月30日)となっていることだ。


なんだ、ずっとじゃないんだ。オリンピックを前にして、なくなるのは面白くない。でも、ポイント還元期間が終われば、スマホで決済しない人たちと公平に戻ることになる。それならそれでまあ、いいか…


 


キャッシュレス決済が出来るサービス

それから、次のキャッシュレスサービスを持っていないと、キャッシュレス決済が出来ない。すなわち、ポイント還元をするためには、どれかのサービスを持っていなければならない。

FullSizeRender

FullSizeRender

自分の場合は、VISAクレジットカードとSUICA(電子マネー)を持っている。なら大丈夫だなと思っていた。ところが、何ちゃらPay(QRコード)は持っていない。どんな違いがあるのか?


1️⃣  電子マネー決済
比較的以前から生活に浸透している決済方法ですが、スマホや専用カードを支払い端末に近づけるだけで支払いが完了するものです。スマホの画面を開く必要もないです。一番分かりやすい例が、駅の改札です。
今ではSuicaやPASMOのカード(もしくはスマホ)を改札に近づけるだけで通っていきますよね。あれも電子マネーです。

2️⃣  QRコード決済
QRコード決済とは、スマホにインストールした専用アプリから、支払い用の画面を表示して支払います。
電子マネーのSuicaほど分かりやすい例がなく、混乱の原因になっているのが、このQRコード決済でしょう。
大きく分けると、
  • お店が表示した画面を、自分のスマホアプリ(のカメラ)で読み取る方法
  • 自分のスマホアプリに表示した画面を、お店の人がスキャンする方法
なるほど、アプリを開かなくても決済出来るなら、自分が持っているモバイルSUICAで十分ではないか。何ちゃらPayは、アプリを開かないいけないし、使い方も2種類あるから、ややこしい。


だんだん、あたまが痛くなってきた…

 



どのキャッシュレス決済サービスが良いのか?

最後に、QRコード決済はいらないようだが、やはり持ってないと不安になる。小心者だから仕方がない。ということで、何ちゃらPayを入れたいと思い、YouTubeで使い方やその違いを確認した。サイトはこれを見た。




PayPayかLINE Payのどちらにしようか迷ったが、チャージ出来る銀行の関係から、LINE Payをインストールすることにした。さらに1万円をチャージした。




そして、いよいよドラッグストアで初のQRコード決済をやってみた。アプリは確かに開けておく必要があるが、極めてスムーズに決済することが出来た。


財布から小銭を出したりしないで済むことはありがたいが、家で缶からに小銭(1円、10円、100円など)を貯める楽しみがなくなりそうである。



外部リンク(引用元)



 
 


以上、ご覧いただき、ありがとうこざいます。
ヨッチでした。