FullSizeRender

こんにちは。ヨッチです。


神戸市須磨区の市立小学校で20代の男性教員が4人の先輩教員からたたかれたり、暴言を吐かれたりするいじめを受けていたことがわかりました。この事件について考えでみました。有名人のコメントもピックアップしました。





4人の先生が行ったいじめの内容

まずは、ネット記事から、この事件のいじめの内容を整理すると、以下の通り。

  • 神戸市教育委員会によると神戸市立東須磨小学校の20代の男性教員が30代の男性教員3人と女性教員1人からいじめ行為を受けていた。
  • 加害側の教員4人は男性教員の尻をコピー用紙の芯でたたき「ボケ」「カス」といった暴言を浴び、尻がミミズ腫れになった
  • 別の女性教員にLINEでわいせつなメッセージを送ることを強要した
  • 羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりした
  • 飲み会でお酒を無理に飲ませた
  • 加害者の1人が仕事に残っているときに車で家まで送るように強要した
  • 被害者の車の上に乗り、車内に飲み物をわざとこぼす嫌がらせをした


これはもはや、いじめではなく、暴行じゃないですか? 学校の中で起こっていることが信じられない。いじめを防ぐのが先生なのに…率先していじめを行なっている。しかもベテランの先生が弱いものいじめをして喜んでいる。最低の加害者、校長や教頭、他の先生たちは何をしていたのか?

すでにネット上では、加害者の実名や素性が晒されています。また、いじめの映像を投稿したことが自分たちの悪行を世の中に晒すことになりました。この先どうなるかも想像出来ない連中は、こうして人生を棒に振るのです。そして悪いやつらは絶対に許さないという風潮の中で、加害者たちは逮捕されれば、2度と教壇に上がることもなくなるでしょう。調子に乗ってエスカレートすると、いつか天罰が下るという良い事例です。





学校側の対応

  • 複数の教員が19年6月ごろに小学校の管理職に相談し、小学校は4人を指導した。
  • しかし、この小学校は7月、「過度のからかいによる人間関係のトラブルがあったが指導して解決済み」とだけ市教委に報告し、市教委は9月2日に被害者の家族から連絡を受けてその実態を初めて知り、調査に乗り出した。
  • 仁王美貴校長が9日、神戸市役所で記者会見し謝罪した。同校長は被害教員から手紙を受け取ったといい「(加害者が)『反抗しまくって学級つぶしたれ』と子供に言っていたなど、驚くべき内容だった」

役に立たない学校だ。何が役に立たないかというと、指導して解決したと言っていることだ。全くのウソだったことが分かる。こういう加害者たちを放置している、見抜けない学校には、監視カメラを設置して悪質な暴行を許容しないことだ。信頼関係など築けないなら、あおり運転の摘発に活用しているドライブレコーダーと同じで、監視カメラで証拠を残すようにすればいい。その方が保護者だって安心して子供を学校に行かせられると思う。リアルタイムで授業や校内の様子が観れれば、少なくとも、こんないじめは起こらないはずだ。
 

 



有名人のコメント

大阪市の松井一郎市長

「あれはいじめを通り越して傷害事件。警察力で解決するほうがいい。いじめられた先生は警察に言えばいい。目にカレーを入れられるなんて傷害事件だ」


教育評論家の尾木直樹さん

「飲み食いたかる。送らせる→強要罪、恐喝罪。羽交い締めにして激辛カレーを食べさせる、目にこすり付ける→強要罪、暴行罪。ラインで性的なメールを女性教師に送らせる→強要罪、パワハラ。完全におとなの犯罪です!いくつもの刑法犯罪犯している可能性が高いのです、厳重に取り締まり 厳罰に処して欲しい」

「何目的でスマホ回してたのでしょうか」「職員室で同僚教師に自慢するため それとも、楽しみの為に動画撮ったのでしょうか?なんてレベル低くて悲しい教師たちでしょうか」 


立川志らくさん

「本当に優しいいい先生なんですね。その優しさがいじめた側から見ると弱さに見えて格好の獲物になってしまった。それは生徒間の間では弱さってのがそういうことにつながるってよくあるんだけど、それが先生の中であるなんてあり得ないことでしょ。その優しさが先生の魅力なんだから、それをいじめの対象にするなんてとんでもない話ですよ。早くそういう先生たちは追放して被害に遭われた先生がね。きっといい先生になるでしょう」

「メチャクチャですね、女帝がいたっていうのもそうだし。やってる事もひどいし。生徒にもその(いじめの)話をしちゃったてことでしょ。バカなんじゃないですかね。楽しすぎて、思わず生徒に言っちゃったんでしょ。そんなのが教師だなんて信じられないですね」


フリーアナウンサーの小倉智昭さん

「子供がその状態を知ってたって事は信じられない。日頃はいじめをしちゃいけないよって言っている先生がやってるわけで。考えられない学校ですよね。大人のいじめって陰湿だったりするものですけど、子供じみてますよね内容が」


テレビプロジューサーのテリー伊藤さん

「校長も共犯者だと思うんですよね。子どもたちにどう説明していくのか。誰が説明していくのか。謝罪する勇気を持つことが重要。(被害を受けた教諭が)加害者を告発する勇気も必要」


タレントのヒロミさん

「学校の中で起きると、いじめだとか言い方をするけど、完全に暴行とかいう次元じゃない。本当は逮捕しちゃえばいいと思う。学校のいじめも、すぐに警察がすぐに行った方がいいと思うの」

「学校の中で起こると何かオブラートに包んで、対応も子供たちに影響があるとかホワッとしてるじゃん。捕まえた方がいいよね。子供たちも悪い事をすれば捕まるんだ、いじめをすると捕まるんだってのを見せてやった方が、逆にいいような気がするんだけど」

 


被害者の先生からメッセージ

被害者の男性教諭が明かした被害状況

夢見た教員が思い描いていた世界とは違いました。初任の夏頃からいじめられるようになりました。自分の中でいじめられていることをいじられていると勝手に頭の中で考えるようになった……校長が指導をしたと言った直後から180度態度が変わり、空気のように無視されるようになった。はたまた、君のせいで、君と話せないからなどと嫌味を言う人もいた。また4月には信頼していた教員にも裏切られていたので、もう僕の場所は職員室には無かった。常に悪口を言われているような感じがし、職員室が怖いと思った。

外部リンク(引用元)


2019年10月10日、同僚いじめの被害に遭った20代男性教諭が代理人弁護士を通じて、教え子や保護者に向けたメッセージ

急に先生が変わってびっくりしたね。ごめんね。
 私は3年連続して同じ子供達を担任してきた。初めは2年生から上がってきた小さい小さい子供達。それが最後は6年生に向かう大きくなった子供達。とても素直な児童で、行事にはまっすぐ一生懸命、学年の仲が良くみんな前向きな児童であった。「そんな子達が大好きですよ」学級通信を通じて子供のいいところを発信していたが、ほんとに毎日が成長であった。初めは小さな事で喧嘩もありながら、ちゃんと自分で反省し、仲間に優しくできる子達である。職員室が怖かった分、毎日子供といる時間が幸せでたまらなかった。「ずっとこの子達と一緒にいたい」そう思える子達だった。クラス全員で誕生日に手紙を本にしたプレゼントを用意してくれる温かい心も持っている。失敗しても「ドンマイ」と声をかけられる思いやりもある。どんな先生やお友達でも同じ目で、平等な目で見られる正義感のある子達である。運動場で「めんどくさい」とも言わず、クラス全員で遊ぶ無邪気な一面もある。これからもずっとずっと君たちの笑顔は先生の宝物であり、生きがいです。ありがとう。
 そして、一つ、、、
 先生はよく「いじめられたら誰かに相談しなさい」と言っていましたね。しかし、その先生が助けを求められずに、最後は体調まで崩してしまいました。「ごめんなさい」今の先生だからこそ、お願いです。辛い時、悲しい時自分一人で抱え込まずに、誰かに相談してください。必ず、誰かが手を差し伸べてくれます、助けてくれます。いつか、みんなの前でまた元気になった姿を必ず見せに行きます。その日を夢見て先生も頑張ります。 
保護者様へ
いつも温かく迎えてくださって感謝でいっぱいです。「3年目も先生で嬉しいよ」こんな声をかけてくださった方もいて僕の支えとなる言葉です。「先生痩せられたんじゃないですか?」と気にかけてくださる優しい保護者の方達に僕もたくさん支えてもらいました。僕が作った学級通信や子供への手紙を宝物だと言ってくださった経験が今の僕の宝物です。最後に、たくさんご心配やご迷惑をお掛けしてすみません。

この内容を見るだけで、子供たちや保護者にも人気のある、とても優しい先生であることが感じ取れます。本人も言っているように、早く元気になって子供たちのところに戻れるといいですね。


外部リンク(引用元)

 



見出し5

ここから。

 
 


以上、ご覧いただき、ありがとうこざいます。
ヨッチでした。