FullSizeRender

こんにちは。ヨッチです。 


総務省統計局が2019年2月に発表した、2018年分の労働力調査の速報結果によると2018年における非正規社員は2120万人。 これは前年比で84万人の増加。 雇用者全体(5605万人、役員除く)に占める比率はなんと37.9%に上っています。


この非正規雇用者の一部は、非常に苦しい生活を強いられており、ネットカフェ難民のように住所不定のホームレス生活をしている方もいるようです。それこそギリギリの生活であり、なぜ、そうなったのか皆さんとシェアしたいと思います。

検索結果

ウェブページから抽出された強





そもそも非正規雇用者とは?

ところで非正規雇用とは?期間の定めなく、フルタイムで勤務するのが「正規雇用」とされる一方、個別の労働契約に応じた期間・時間に限定する働き方が「非正規雇用」です。具体的には、パートタイム労働者やアルバイト、契約社員、嘱託社員、派遣社員、その他臨時職員や日雇労働者等が挙げられており、実に幅広い働き方の人が含まれています。


では、その非正規雇用者がどのくらいいるのかというと、下記グラフで示すように、年々増加しており、ここ数年は、37〜38%で高止まりしています。


FullSizeRender

 


非正規雇用者の収入は?

では、その非正規雇用者の収入は一体どのくらいなんでしょうか。

FullSizeRender

男女で相当の差がありますが、男性の場合、平均が中央値で200万だとすると、月16万円程度になります。なお、平均なので、もっと低い人は大勢いると思われます。


 


なぜ非正規雇用者はネットカフェを住まいにするのか?

東京都の調査では、ネットカフェ難民の5割近くが月11~15万円の収入があると答えていますが、なぜネットカフェを選ぶのでしょうか。

1️⃣  Aさんの場合

Aさんは大学卒業後、正社員として就職したが、上司によるパワハラや人間関係のトラブルが原因で退職。住居は会社の借り上げ住宅だったので、退職と同時に退去。ネットカフェ暮らしを始めた。その間も歩合制の送迎ドライバーの仕事をしており、月収15万円ほどを稼いでいたという。
しかし、家を借りることはできなかった。
「家を借りるには敷金、礼金、前家賃とかで25万円くらいの貯金がないと難しい。自分の場合、日給制で収入も月によってバラバラだから家賃を払い続けられる自信がなかった。あとは前の会社でいろいろあって、人と極力関わりたくないと思っていて……家を借りるとなると大家さんとか近所付き合いとか、煩わしいことがありそうで気が進まなかった」と振り返る。


2️⃣  Bさんの場合

高校卒業後に就職したホテルが倒産し肉体労働を転々とするなか腰を痛め、38歳から中年フリーターに。
「地元では仕事もないから東京に出てきました。ネットカフェは本来1~2週間程度の“仮住まい”のはずでしたが、正社員にはなれずもう2年目を迎えます」現在は日雇いで時給1200円を稼ぐものの収入は安定せず、家を借りるお金は貯まらない。年収は100万円ぐらいだから食事は24時間営業のスーパーで、深夜になると半額になる200円弁当や50円のおにぎり。

ネットカフェに住んでいるAさんとBさんの共通点は、

  1. 正社員だったが退職している
  2. お金がなくて家を借りていない


このように一旦退職して、安易な気持ちでネットカフェに居つくと、状況が変わらないのでズルズルと住みつくようになるようです。Bさんのように、会社が倒産するのは止む無しですが、Aさんのように自ら退職する場合には、転職先を必ず見つけてから辞めるべきでした。やはり失業しても家がないと生活を立て直すのは難しいようですね。また住居を新たに契約することも難しくなるようです。やはりネットカフェを選択するのは得策ではありません。

では、そもそもネットで長い期間、生活することは出来るのでしょうか。 

 


ネットカフェで生活出来るのか?

AさんとBさんのネットカフェの利用料は、いくらするのでしょうか?

  • Aさんは、24時間利用で3500円(月10.5万円)
  • Bさんは、1時間200円なので24時間で4800円(月14.4万円)


2人とも月10万円以上かかることになります。決して割安な「家賃」ではありませんが、敷金や礼金などゼロなので初期費用の低さから仮住まいとして「とりあえず」の選択をしてます。


他にも、シャワーが無料で利用(洗濯もするそう)、ドリンクバーがあったり、アイスも食べられるカフェもあるようです。一応個室だし、誰にも邪魔されないので気楽なんでしょうね。そして何よりも同じ境遇の人たちが周りにいるという、変な安心感があるのかもしれません。


ただ、ベッドで寝る暮らしではないので楽ではないようです。50や60になっても出来るか疑問です。しかし、これも慣れですかね。


それにしても、ネットカフェの利用料から考えると、前述の特典があったとしても、食費もかかるだろうし、それを切り詰めてギリギリの生活をして、やっと成り立つような暮らしのように思われます。これでは、病気や怪我するなんて絶対出来ませんよね。どう考えても選択してはいけないですよ。死ぬまでやり通すなら別ですが、そうでないなら、今のうちに脱出してください。これから、ボクもネットカフェで暮らそうかななんて間違っても思わない方がいい。抜け出せなくなる。それがネットカフェ難民だと思います。

 


 


以上、ご覧いただき、ありがとうこざいます。
ヨッチでした。