FullSizeRender

こんにちは。ヨッチです。


これから年金をもらう人が知っておくべき、制度の一つに在職老齢年金だ。これはいくら稼いでも、ある基準を超えると、年金が減らされるというものだ。なんとも働く意欲をなくす制度だ。この制度が早ければ来年にも見直されるということで、どんな内容なのか皆さんとシェアしたい。





在職老齢年金とは?

働きながら「厚生年金」を受給する人は約368万人、そのうち3割にあたる124万人が年金を減額されている。これは「在職老齢年金」制度のよるものだが、それが劇的に変わる。政府は高齢世代の就労意欲を削がないために“多く稼いでも年金は減らさない”方向で制度を改正し、早ければ来年から実施する方針を打ち出した。
現行の年金減額のルールは、「年金(厚生年金の報酬比例部分)+給料」の合計月収で決められる。
65歳以上は合計月収47万円、65歳未満(60~64歳)は同28万円を超えると、超過分の半額にあたる年金額がカット(支給停止)される。ただし、カットされるのはサラリーマンが加入する厚生年金の報酬比例部分のみだ。

65歳以上の47万円はまだしも、65歳未満の28 万円は年金+給料なら超える人、沢山いそう。年金減額されてる124万人のうち、65歳未満の方が多いのではないか。老後の資金が2000万円も足りないから稼ごうとしてもこれでは働く意欲がなくなるよ。


外部リンク(引用元)
 


見直し内容は?

厚労省が10月9日、政府の社会保障審議会年金部会に提出した見直しケースの中では、年金カットを行なう基準を「合計月収62万円」に引き上げる案が有力だそうです。

なかなかいい案じゃないかと思うのだが、実は、62万円という基準が65歳未満の人にも本当に適用されるかは決まっていない。でも、もし適用されれば、現在、厚生年金の特別支給されている人、あるいは、これから支給される人にとっては月収62万円までは年金が減額されなくなる(現行の上限は28万円)のだから、いいに決まっている。


外部リンク


見直しは得なの?損なの?

得か損か?2つの見方がある。


在職老齢年金のルール変更のメリットが最も大きいのは、前述したように、65歳になる前に厚生年金の特別支給(報酬比例部分)をもらえる“得する年金”世代だ。

「得する年金」をもらえるのは、男性は1961年4月1日(現在58歳)、女性は1966年4月1日(現在53歳)以前に生まれた世代のサラリーマンだ。

たとえば、現在62歳の会社員は63歳になる来年から厚生年金の特別支給(報酬比例部分のみ支給)が始まる。年金額を10万円とし、雇用延長後もフルタイム勤務で働き、月給38万円稼いでいる場合、現行制度のままでは年金を全額カットされる。


月収(38+10)− 上限額 28 =20万円、これの半額10万円が減額されるので、全額カットされることになる。


ところが制度改正で、月収62万円に引き上げられれば、月収は48万円なので一切減額されない。これが得する人の場合だ。



一方、損する人は、正確には得にならない人と言った方がいいかもしれないが、月収28万円が上限であるため、そういう働き方(給料を敢えて抑えている)をして年金を全額もらっている人である。



せっかく制度が変わっても、パートタイムからフルタイムの働き方へは簡単に変えることは出来ないからだ。もっと稼ごうと思っても、週3日とか、何時間だとか、すでに決まった契約をしているとすぐに変更は出来ないこともあり、得する機会を逸することになる。

外部リンク(引用元)

在職老齢年金が改正へ 一番得する世代は?(マネーポストWEB)


 


見直し内容を踏まえて考えなければならないことは?

では、来年、制度が改正されることを想定した場合に、考えなければならないことは何か?


それは働き方である。


65歳未満でこれから特別支給の厚生年金をもらう人は、フルタイムで働いて稼ぐ選択をした方が良い(経済的に余裕がある人は別だが)。月収62万円まで年金は減額されないのだから、出来るだけ頑張って老後の資金を貯めるなり、稼いで好きに使えばいい。


例えば、これまでの制度では、年金全額カットされてた人が年金をそのまま、月10万円もらったとしたら、2年間だけでも240万円を貯めることが出来る。


また65歳未満で、すでに特別支給の厚生年金をもらっている人も、働き方を変えらるのであれば、給料を調整しないで沢山もらえるようにしたらいい。


このように、年金制度の改正に備えて、働き方について今からでも考えて準備しておく必要がある。前述したように、一度就いたパートタイムの仕事からフルタイムの仕事に復帰することは、簡単ではないからだ。


来年から月収28  万円の条件から62万円に引き上がることを是非、上手く活用してほしい。

 
 


以上、ご覧いただき、ありがとうこざいます。
ヨッチでした。