FullSizeRender
出典元:宝塚カフェブレイク2018

元宝塚歌劇月組トップスターの龍真咲(36)さんが2019年11月20日、インスタグラムで結婚したことを報告しました。


現在上演中の宝塚歌劇「A Fairy Tale―青い薔薇の精―」に訪れ、

「私事ではございますが、この度ご縁があり結婚することとありました」

「まだまだ未熟な私ですが、2人で手を取り両親の様な暖かく楽しい家庭を築いて行きたいと思います」


🍀🍀🍀

龍さんのお相手はモータースポーツ業界で働く男性。龍さんは今年6月から芸能活動を休止中でしたが、8月から真剣交際をスタートし、わずか交際4か月でのゴールインとなったようです。



外部リンク(引用元)


縁がある人は早いですね。そんな龍真咲さんの宝塚時代を皆さんとシェアしたいと思います。



プロフィールと主な舞台

宝塚歌劇団に入団して2度の新人公演主演、そして11年目でトップスターに就任した龍真咲さん。その歴史を見ていきましょう。

🍀🍀🍀

出身地:大阪府東大阪市
出身校:城星学園
身長:171cm
血液型:B型
愛称:「まさお」

🍀🍀🍀

1999年 宝塚音楽学校入学。87期生

同期生は、

早霧せいな夢乃聖夏沙央くらま音花ゆり和音美桜晴華みどり華城季帆ら。

2001年 宝塚歌劇団に入団。宙組公演「ベルサイユのばら2001」で初舞台。

その後、月組に配属。入団時の成績は29番

2004年7月TAKARAZUKA SKY STAGE第3期スカイフェアリーズ

2005年エリザベート」の新人公演でルドルフ

2006年 バウ・ワークショップ「Young Bloods!!」(バウホール公演)で初主演

2007年(入団6年目)「パリの空よりも高く」で新人公演初主演。同年の「マジシャンの憂鬱」でも2度目の新人公演主演

2009年「二人の貴公子」でバウホール公演主演。2度目となる「エリザベート」ではルキーニに抜擢

2010年HAMLET!!」で3度目のバウホール公演主演。その後「THE SCARLET PIMPERNEL」では明日海りおとショーヴラン、アルマンを役替わりで演じた。月組2番手に昇格。

2012年4月23日(入団11年目)霧矢大夢の後任として月組トップスターに就任。相手役には愛希れいか。お披露目公演は「ロミオとジュリエット」。この公演は準トップスター・明日海りおとの役替わり公演でもあり、ロミオとティボルトの二役を演じた。

2013年 明日海りおの花組への組替えに伴い、7月の「ルパン -ARSÈNE LUPIN-」/「Fantastic Energy!」より、本公演の役替わりはなし

2014年3月〜6月、「宝塚をどり/明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で、宝塚歌劇団100周年記念公演の主演を務めた。

2016年9月4日(入団15年目)、『NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-』/『Forever LOVE!!』の東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団

IMG_3794
出典元:宝塚カフェブレイク2018

宝塚を目指すきっかけ

幼少期から歌を習っており、その母親仲間の紹介で月組の風と共に去りぬ」を観に行き、大の宝塚ファンに

休演日の水曜日にも「元気をもらうために」と宝塚の町を散策するほどだったが、受験システムを知ったのは受験直前で、高校在学中に受けて一発合格した。

芸名の由来

「龍」は滝巡りが好きな母親が、「真咲」は自分でつけた名前。

ドラマを見て、“まさき”は響きが綺麗なので、将来子供が出来たらつけようと思っていた名前という。


おまけ

初舞台後、月組に配属され、その後、組替え経験のなかったトップスターでは1996年就任の久世星佳以来、約16年ぶりで、また21世紀の初舞台生で初のトップスターである。


From Wikipedia 



以上、ご覧いただき、ありがとうこざいます。
ヨッチでした。