IMG_3869

こんにちは。ヨッチです。

ゲームへの依存に関する全国規模の調査が初めて行われ、ゲームに費やす時間が長いほど仕事や健康に悪影響を及ぼしている実態が明らかになった。
この事を「ゲーム障害」というそうです。この問題について皆さんとシェアしたいと思う。





ゲーム障害とは?

生活に支障が出るほどゲームに熱中する依存症のことをWHO世界保健機関)が「ゲーム障害」という病気として認定した。

10歳から29歳までの4400人余りを対象に行った全国調査によると、ゲームに費やす時間は平日で1日当たり、

1時間未満が40.1%
1時間以上、2時間未満が27.1%、
2時間以上、3時間未満が14.6%
6時間以上、と回答した人も2.8%

6時間以上のうち、24.8%が「学業に悪影響がでたり、仕事を失ったりしてもゲームを続けた」という。
また「睡眠障害や憂うつなど心の問題が起きてもゲームを続けた」人は、1時間未満で2.4%、6時間以上で37.2%

🍀🍀🍀🍀

まずは、6時間以上もゲームを続けている人がいることに驚いた。しかも仕事を失ってもゲームを続けているのだから、生活どころではない。きっと何が大事なのかも考えることもなく、ただ単にゲームに没頭し続けているのではないかと思う。

ゲームをやらない人間には、6時間以上もやり続けるゲームの何が面白いのか分からない。いや、面白いと言ったが、面白くてやっているのかどうかも分からない。

でもWHOが病気と認定したのだから、人間の身体や精神にとって悪いということなんだろう。タバコやお酒のようにやめられないものというのが世の中にはあるが、ゲームも同じような類いなのだろう。

では、ゲーム障害はどんな影響があるのだろうか。

 


ゲーム障害による健康問題

ゲーム障害は、次のような症状が現れる。これを見ると、健康上の影響が大きいことがわかる。

  • ゲームをする頻度や長さ、やめるタイミングなどを自分でコントロールすることができず、健康を損なうなどの影響が出ているにもかかわらずゲームを続けてしまう
  • 睡眠不足や食事が不規則になることに加え、体を動かさないから体力も低下する。骨密度も正常よりも低く体のあちこちに痛みがくる
  • 長時間、同じ姿勢でゲームをし続けることで血管の中に血液の塊ができる「エコノミークラス症候群」になった 
  • 数日間寝ずに食事をとることもせずゲームをし続けることもあった。寝ているか起きているのか分からない感じで、ひどい時には幻覚や幻聴があった
  • 体調は日に日に悪化し、いらいらして家の中の物を壊すこともあった
  • 現実は嫌だなと思うようになってゲームをするようになり、仕事をやめてからさらにのめり込んでしまった

 


ゲームをやめたい人は周りの人に早く相談してほしい

人間は、何事も自分をコントロールしながら生きている。それがコントロール出来なくなったら、社会のルールに従ったり、生活のリズムを作ることが出来なくなることに等しい。


欲望のまま、行動しているのだから、かなり厄介な状態である。仕事をやめたら、ゲームをする時間が増えてうれしいぐらいに思っているのかもしれない。そうなったら重症だ。


一方で、ゲームが面白くてやり続けることに関しては、それほど熱中、没頭出来るものがあるという意味では羨ましいと言えなくもない。


世の中、熱中するものもなく、漫然と生きている(筆者も同じだが)人間もたくさんいるのではないか。そういう人種よりはマシだ。目標があるからだ。きっとゲームの中に達成したい何かがあるのだ。そうに違いない。


ただ残念ながら、熱中することだけやっていれば生活出来るほど、世の中、甘くない。仕事もしないでゲームばかりしていては生活が出来ない。そして家族や周りの人たちに迷惑をかけていてはまずいだろう。


もし誰にも迷惑をかけていないというならば、WHOから病気と言われるのは余計なお世話というものだ。


なので、ゲームから足を洗いたいと思っているなら、是非、病気と認定されている以上、自分で直すことは難しいと思っておいた方がいい。


家族や周りの人に相談して、元の生活に戻すための対策や方法があるだろうから、そういう支援に頼れば良いと思う。


店の時間が決まっているパチンコやスロットだって、中毒的にやり続ける人たちは大勢いる。それ以上に、ゲームは終わりの時間がない。課金で生活が破綻する人も多いと聞く。


そうならないうちに、自ら誰からに相談すべきだ。また家族や周りが気がついてやって、一緒に病院に行ってあげてほしい。

🍀🍀🍀🍀

世の中、技術が進歩して、ゲームというものも進化している。パソコンからスマホになって、皆んなが持つようになり、誰もがスマホのゲームを身近に感じている。いつでもゲームが出来る環境におかれている。技術で皆んなの暮らしも豊かになったが、豊かになればなるほど、新たなリスクが増えている。ゲーム障害も技術の進歩が生んだリスクの一つだ。
 
 
 


以上、ご覧いただき、ありがとうこざいます。
ヨッチでした。