FullSizeRender

こんにちは。ヨッチです。


定年退職後の保険料は、高くなるというが、いったいいくらになるのか、概算を調べてみたので皆さんとシェアしたいと思う。




定年退職後の健康保険料(国民健康保険)が高くなる理由

まずはじめに、会社の健保組合より、国民健康保険の方が高くなる理由はこちら。

  • 健保組合など会社の公的医療保険は、保険料を加入者(従業員)と会社が折半しているのに対し、国民健康保険は加入者自身が全​額負担するため。
  • 国民健康保険の加入者には年金生活者や無職の人が含まれ、平均年齢も高いためどうしても出て行く医療費が高くなる。

ということは、なるべく長く働いて健保組合に属していれば、会社が半分支払ってくれるので保険料の支払いは少なくて済むということだ。なので定年になっても再雇用で会社に残れば安くなる。

問題は、定年退職はもちろんだが、再雇用でも退職するとどうなるのか?


 

定年退職後の健康保険の加入先は?

定年退職(再雇用退職)した人の健康保険の加入先は、次の4つ。


(1)会社員の家族の健康保険の被扶養者になる
(2)退職した会社の健康保険の任意継続被保険者になる
(3)特例健康保険組合の特例退職被保険者になる
(4)国民健康保険に加入する


以上のように選択肢としては4つあるが、(1)は家族の扶養になること、(3)は大企業などの健保組合が退職者向けに独自に運営している健康保険であることを考えると、一般的には(2)退職した会社の健康保険の任意継続被保険者、または(4)の国民健康保険のいずれかを選択する可能性が高い


そこでまず、(2)任意継続被保険者

  • 退職したり、解雇されたりした会社員が、それまでの会社の健康保険に引き続き加入できる制度。
  • 勤続期間が退職日までに2ヵ月以上あることが条件で、最長2年間継続できる。加入を希望する場合は、退職から20日以内にもとの勤務先に申し出て手続きをする。
  • 在職中は、本来の保険料額の半分を会社が負担してくれていたが、その事業主負担がなくなるので、退職後は全額本人が負担することになる。
  • ただし、上限額が決まっており、退職時の平均月収(標準報酬月額)、または加入者すべての給与の平均(協会けんぽは30万円)の、いずれか低い額に保険料率をかけた金額。
  • 扶養家族がいる場合は、保険料の負担なしで一緒に加入できる

ということで、継続して会社の保険に加入しても、支払いは、現職時の倍になるということらしい。そして上下に限度額(約5万円~96万円)が設けられているため、莫大な所得のある人には安価に感じる。


 

そして、次は、(4)国民健康保険だ。

  • 国民健康保険の保険料は、住所地の自治体によって大きく異なり、財政の不安定な自治体はそもそも保険料も割高
  • 保険料計算のベースになっている「所得割」は、前年の所得に応じて保険料が決まる。定年退職したては、前年の所得が高いので、それに比例して保険料も高くなる
  • 会社員の健康保険は、扶養家族の分の保険料を支払う必要はないが、国民健康保険は加入する家族の人数に応じた「均等割」があるため、たとえ家族に収入がなくても、その分の保険料は負担しなければならない。

 

国民健康保険料はいくらなのか?

では、国民健康保険料はいったいいくらか?その決め方の元になるのは、前年度(1月~12月)の所得である。

そして次の4つを計算した合計が1世帯あたりの保険料となる。

・所得割:世帯の所得に応じて計算
・均等割:世帯の加入者数に応じて計算
・平等割:1世帯あたりに応じて計算
・資産割:固定資産税額に応じて計算


ただし、割率や額、賦課方式は市区町村ごとに異なる


具体的な保険料は、以下のサイトに載っている。

  • 例えば、千葉県(筆者の地元)では、年間9万7千円となっている。12ヶ月で割ると、約8000円。これを加入者分(夫婦なら2倍の約16000円)だけ、支払う必要がある。これは収入によっても異なるだろうから、千葉市の計算サイトで試算すると、世帯収入が200万円、加入者2名の場合、約23万円となり、12ヶ月で割ると、約1万9000円となる(自動計算:千葉県千葉市
FullSizeRender
  • 参考資料として、平成30年11月に国保中央会が発表した「国保のすがた」では、保険料(税)調定額の平均は、平成28年分で年間9万4140円と紹介されています。ちなみに、2019年の国民健康保険料には上下に限度額(約5万円~96万円)が設けられている。
🍀🍀🍀

実際には、任意継続被保険者となるか、国民健康保険に加入するかは、どちらが有利か試算した上で決めることになりそうだ。



外部リンク(引用元)


  

 


以上、ご覧いただき、ありがとうこざいます。
ヨッチでした。