FullSizeRender

こんにちは。ヨッチです。


年金をもらい始める時期を遅らせる代わりに額が増える「繰り下げ受給」。選べる年齢を国は75歳まで延ばす見通しで、その場合の年金額は原則である65歳開始に比べて84%増えるという。今回はこの事について皆さんとシェアしたいと思う。




年金繰り下げ受給の仕組み

まずは、年金の繰り下げの仕組みを理解しよう。


年金の受給開始は現在、60歳まで早められる繰り上げと、70歳まで遅らせる繰り下げが可能だ。繰り上げを選べば年金額は1カ月ごとに0.5%減り、繰り下げると同0.7%増える。来年の法改正で繰り上げは減額率を0.4%に縮める見通し。


FullSizeRender

つまり、65歳で受け取る年金額を100%とし、繰り下げすると、

  • 65歳で 100%
  • 70歳で 142%に増額される
  • 72歳で 158%に増額される
  • 75歳で 184%に増額される 

例えばもとの年金額(国民共通の基礎年金と、収入に応じて変わる厚生年金の合計)が200万円の場合、

  • 65歳で 年200万円(月16.6万円)
  • 70歳で 年284万円(月23.6万円)+  7万円
  • 72歳で 年316万円(月26.3万年)+ 9.7万円
  • 75歳で 年368万円(月30.6万円)+14万円

となり、これが終身で続く。

一方で、総務省などが実施した調査によると、
夫が65歳以上、妻が60歳以上の無職世帯
における平均的な実収入は月額約21万円だが、
消費支出は26万4,000円ほどになる。

FullSizeRender


よって毎月5.4万円の赤字が出ることになり、
30年間で、5.4万円×12カ月×30年=1,944万円
となる。これが2000万円問題である。


ということは、
年金額(年間)200万円の収入の人は、
月16.6万円なので
消費支出の月26万4000円に対して
約10万円も不足する。


でも
72歳まで繰り下げをすることで、
26万3000円に増額されることになり、
不足分を補うことが出来るのだ。


72歳の誕生日まで頑張って働けば、
その後は、安心して暮らすことが出来るのである。


以上は、実収入200万円のケースだか、もう少し多いケース、少ないケースだとどうなるのか。

65歳での年金額のベースを以下のようにしよう。
  • 150万円(月12.5万円)
  • 200万円(月16.6万円)
  • 250万円(月20.8万円)
  • 300万円(月25.0万円)

70歳まで繰り下げの場合は42%増額される。

  • 150万円(月12.5万円)→ 213万円(月17.7万円)
  • 200万円(月16.6万円)→ 284万円(月23.6万円)
  • 250万円(月20.8万円)→ 355万円(月29.5万円)
  • 300万円(月25.0万円)→ 426万円(月35.5万円)

72歳まで繰り下げた場合は、58.8%増額される。

  • 150万円(月12.5万円)→ 238万円(月19.8万円)
  • 200万円(月16.6万円)→ 317万円(月26.4万円)
  • 250万円(月20.8万円)→ 397万円(月33.0万円)
  • 300万円(月25.0万円)→ 476万円(月39.7万円)


150万円の人は、75歳まで繰り下げしても276万円(月23.0万円)にしかならない。約3万円不足する。

  • 150万円(月12.5万円)→ 276万円(月23.0万円)
  • 200万円(月16.6万円)→ 368万円(月30.6万円)




繰り下げ受給を行う意味

年金の繰り下げ受給は、年金を増額させるのに大きな効果があるが、問題は、月26万4000円(消費支出)まで増額される年齢まで繰り下げた場合、元気に働くことが出来るかどうかである。


でもそんなこと誰も分からない。自分の寿命も、分からないし、健康寿命の平均的なデータ(男性は72歳、女性74歳)はあったとしても、自分に当てはまるなんてことは考えない方がいい。


当てにならない、それが人生だ。ならば、元気なうちは働くということを選択し、年金は繰り下げ(手続きをしなければ、年金は自動的に繰り下げされる)しておくことがいいように思う。


もし、健康を崩し、働くことが出来なくなれば、そのときに手続きをすればよいのだ。例えば、68歳で請求すれば年金は3年分、25.2%増額され、それ以降、増額された額でもらえる。あるいはその時点で3年分の年金を遡って受け取る方法もある。


よく、年金繰り下げ受給したときに、「損益分岐」の時期を取り上げる記事を目にする。繰り下げした場合、自分の寿命を想定し、年金がもらえる総額が少なくなるのではないかというものだ。筆者も、これまで支払ってきた金額から、あと何年生きれば元が取れるのかとか、繰り下げ受給したら、そんな生きないから損をするかもしれないとかを考え、計算したこともあった。でも所詮、人生は計算通りにいかないものだ。


大事なのは、自分が生きている間に、自分が困らない、家族が困らないようにすることだと思う。そうことから、働けるうちは働くという選択がいいのではないかと思うようになってきた。そう意味では年金はあくまで保険という考え方だ。元を取るとか、取れないとかいう問題ではない。


65歳からの年金は、もらい始めたら、もう後から繰り下げ受給は選択出来ない仕組みになっている。年金をもらっても働き続ければいいのだが、それでは年金は増額されない。


以上のことをよく考えて、繰り下げ受給の判断をしてはと思う。そして楽しく、豊かに残りの人生を過ごしていきたいものだ。



外部リンク(引用元)
 


以上、ご覧いただき、ありがとうこざいます。
ヨッチでした。