FullSizeRender

こんにちは。ヨッチです。新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。


最近、よく耳にするのが、奨学金問題。社会人になって、学生の時に借りた奨学金を返済するのが出来ないとか、返済生活が苦しくて自己破産する人もいるとか。確かに子供が大学に通う頃が一番お金が掛かると言われており、家を建てることなどとも重なり、生活ぎ苦しくなる時期かもしれない。今回はこの問題について皆さんとシェアしたいと思う。





奨学金を借りている人の割合は?

学生が奨学金制度を利用している背景には、親の年収が下がっていることや学費の高騰があるという。では、一体、どのくらいの人が利用しているのか?

  • 奨学金制度として最も認知度が高いのが、文部科学省管轄の日本学生支援機構(JASSO)が運営する奨学金だという。
  • JASSOが2019年3月に公表した、2017年度における大学・短大生(通信制を除く)に対する貸与割合は37.5%実に大学生の2.7人に1人が本制度を利用。

一方で、大学にかかる費用はどのくらいか?

■ 国立大学の場合

  • 入学金28万2,000円、授業料53万5,800円、4年間で242万円
■ 私立大学の場合(概算)
  • 文系:入学金24万円、授業料78万円、4年間で336万円
  • 理系:入学金26万円、授業料110万円、4年間で466万円
  • 医学系:入学金105万円、授業料285万円、6年間で1815万円
さらに、自宅外から通う場合は、住居費や生活費もかかるため、入学するのも、卒業するのも容易ではないことが分かる。

 



奨学金の返済額はいくらか?

では、社会人になってどのくらい返済をしなければならないのか?

JASSOの奨学金制度には給付型と貸与型があり、給付型なら返済義務はないが、貸与型は借金であり、大学を卒業したら、すぐに返済がスタートする。

■ 国立大学に自宅外から通学の場合(例)
  • 1カ月あたり5万1,000円の支援を受けると、4年間の貸与総額は244万8,000円
  • 毎月1万3,600円ずつ返済
  • 完済までに15年
🍀🍀

大学を卒業して、15年もかけて返済すべき借金が残るのは辛いものだ。社会人になったら、貯金もしたいし、結婚することも考えると、余計な借金はしないに越したことはない。

だから就職はきちんとしたところを選択すべきだ。非正規雇用だったり、プラック企業などに就職したら、生活は破綻し、自己破産のリスクもある。

大学は、勉強するために入るのだから、アルバイトもしないで勉強に集中する。そのために奨学金を借りる。決して悪いとは思わないが、不容易に借金をしてはいけない。まだ大学に通いながら、アルバイトをして生活をやりくりする方が賢い選択だ。

大学生になれば、自分が選択する人生はもうスタートしているのだ。人に頼る選択は極力避けるべきだ。親には申し訳ないが、頼るなら親しかいない。



 

国の支援(高等教育の無償化)

政府は2020年4月から、授業料等免除と給与型奨学金を柱とした高等教育の修学支援新制度をスタートするという。これは、現行の奨学金制度に頼らなくて済むらしい。ただし、制度の対象となる世帯は、原則として住民税非課税世帯とそれに準ずる世帯だという。とにかく借金にならない方法を選択してほしい。

詳細はこちらから。

学びたい気持ちを応援します 高等教育の修学支援新制度文部科学省

事例

「本人と両親、中学生の兄弟がいる世帯」ケース

■ 世帯年収が約270万円以下で国立大学に進学する場合

  • 入学金約28万円、授業料約54万円が免除
  • 支援金として自宅生に年額約35万円、自宅外生に約80万円を支給(返済不要)

■  世帯年収が約270万円以下で私立大学に進学する場合

  • 入学金約26万円、授業料約70万円が免除
  • 支援金として自宅生で年額約46万円、自宅外生で約91万円を支給(返済不要)

■ 世帯年収約300万円なら、上記の3分の2の支援

■ 世帯年収約380万円なら、上記の3分の1の支援

【参考】
住民税が非課税になる住民税非課税世帯の年収は、
  • 会社員(独身):年収 100万円以下
  • 会社員、専業主婦、子ども1人の3人世帯:年収205万円以下
  • 会社員、専業主婦、子ども2人の4人世帯:年収255万円以下


最後に

繰り返すが、奨学金制度は可能なら利用すべきではない。前述した国支援も、住民税非課税世帯を主に対象としたものであり、そうでない人は、貸与型の奨学金に手を出す可能性がある。後になって借金に苦しむのは、せっかくの人生が楽しくなくなってしまう。節約する方法は本気で考えれば、いくらでもある。学生も、その親も、楽な道を安易に選んではいけない。慎重に判断してほしい。


親が出来ることは貯蓄しかない。借金をしないために、子供が生まれたら貯金を始めるのだ。子供のためにコツコツと大学進学までの18年間に貯蓄するのだ。


大学に行かせたい、旅行にも行きたい、家も建てたい、家族の願望はたくさんあるが、時間を掛けて、それらを実現するための貯金をするのだ。今は資産運用の仕組みもたくさんある。お金の勉強をして将来に備えるのだ。簡単ではないが、キリギリスではなく、アリになるしかないのだ。


1万円×12ヶ月×18年間=216万円
2万円×12ヶ月×18年間=432万円
3万円×12ヶ月×18年間=648万円


万が一、奨学金の返済に困ったら、日本学生支援機構では専用の相談センターを設けているので遠慮なく相談することだ。詳細はこちらから。

 

独立行政法人日本学生支援機構|奨学金返還相談センター


最も最悪なのが消費者金融とか、高利貸しから更なる借金をすることだ。そして、返済猶予制度や減額制度を利用できない場合は法的な手段を選択する。方法として「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つ。


■ 任意整理貸金業者と返済額や返済方法を交渉して合意した金額を返済していく方法


■ 個人再生:任意整理と同じく借金を減額もしくは支払い方法を検討して返済していく方法だが、大きく異なるのは任意整理よりも借金の額が減ること」「裁判所が介入すること」。


■ 自己破産:自己破産をして、裁判所によって免責の認定を受ければ借金をゼロにして経済的に再出発が可能。


🍀🍀🍀


外部リンク(引用元)


 
 


以上、ご覧いただき、ありがとうこざいます。
ヨッチでした。